記事の詳細

ゴルフインストラクターの花岡篤司の仕事は、初心者に対するレッスンです。彼はレッスンがとても得意であり、彼の仕事ぶりは高く評価されています。彼のお陰で全国大会で上位入賞できた方もおられますし、彼のリピーターとなる方も多いです。彼にとっては、生徒は大切な仲間です。彼はゴルフの指導を通じて、彼らの技術向上を図っています。単純な指導法を繰り返すスタイルは、一見単調に見えますが、実はとても重要なことだとか。

花岡篤司はゴルフがとても大好きで、雑誌などを通じて知識を集め、レッスンに生かしています。知識の内容は様々ですが、彼においては重要なことです。レッスンの精度を上げ、受講生がより楽に実力を上げられるよう、彼は日夜努力しています。彼にとって、指導法の研究は重要な行為です。初心者の方はスイングスピードが安定しないので、その指導が現在の課題です。完璧を追求すればするほど、自身の未熟さに気が付くそうです。

ゴルフは、ストロークが大切です。正しいストロークでスイングをすることが、ゴルフのスコアを伸ばす最大のポイントです。花岡篤司は、常にストロークの矯正を指示してきました。こうすることで、受講生のスコアは大幅に伸びたからです。彼のストローク練習は基本に基づいています。理由は、彼にとって、基本こそもっとも重視すべき課題だからです。多くの受講生は、基本をおざなりにしています。そのため、彼は基本姿勢の習得を主眼においた指導をしています。

ゴルファー志望だった時は、酔って暴れるなど、散々だったようです。花岡篤司は酒癖が悪く、他のひんしゅくを買ったそうです。自分が何者だかわからない、そういった感覚におぼれながら、彼は自分の無力さに打ちひしがれたそうです。結局、過去の悪行の影響もあって、プロにはなれませんでした。彼は当時、自分が誰よりも強いと考えていたそうで、そのときの衝撃は、想像以上でした。彼は自分がどうして生きているのかすらわからず、自暴自棄になったそうです。いまでも、彼はその頃の事を覚えているとか。

花岡篤司の仕事は、基本に則ったシンプルな物です。しかし、彼の仕事はとても充実しており、多くの方に認められています。彼は地元を中心に活動しており、今日もどこかのゴルフ場で指導を請け負っています。彼にとって見れば、インストラクターとしての人生は、余生の暇つぶしなのかもしれません。しかし、彼の役割は、ゴルフ初心者に勇気を与えるものです。彼は、多くの方に感謝される仕事を心がけています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る