記事の詳細

神谷優太は、バーテンダーとして働いていました。彼の仕事ぶりは高く評価され、店を持つまでに至りました。彼は3つの店舗を経営し、同年代の中でも高い年収を獲得しています。彼自身、好きなことを形にできたことに対し、誇りを持っています。彼においては、「バーテンダーの仕事」をしているとは考えず、「自分の好きな仕事」をしていると考えていました。ワインバルを経営している現在においても、「彼の仕事」は「接客業」であって、「経営者」では無いそうです。彼は人柄が良い事が魅力です。神谷優太は、自分の作りたい店を作ることに、情熱を傾けています。

神谷優太は、メールマガジンを発行しています。最初のうちはお客さんが集まらず、苦労もされましたが、現在では数百人の方に購読されています。それだけ彼の料理が美味しかったということでしょう。簡単にいえば、彼はカリスマです。彼にとっては、全てのお客様がパートナーなのです。メルマガの内容はそれなりにこだわりがあります。彼の語り口調は物静かで、なおかつ重々しいものです。その重々しさこそ、彼らしさと言えます。

ワインバルとの出会いは、ちょっとしたものでした。彼は、初めてワインバルに入店したとき、自分がその店のスタッフであるような錯覚を覚えたそうです。彼にとっては、すべてが幻に見え、同時に自分のむなしさを感じたそうです。そして、心に空いた穴を埋めるため、ワインバルを始めたそうです。彼は虚像と実像の中に全てを見いだし、改めて自分の道が正しかったこと、自分に甘さがあったことを受け入れました。それこそが、彼が現在も修行を続けている理由です。

バーテンダーとしての神谷優太の腕は、周りに比べ、そこそこでした。彼は自分の腕が未熟であることを恥じており、常に数学的な思考を心がけています。理由は、数学はうそをつかないからだそうです。論理的な思考を身につけることで、彼は一段と成長したそうです。彼は論理的思考が得意です。実際のところ、彼は論理的思考でほぼ全ての問題を解決されているとか。ある意味、おっかない人です。

神谷優太はバーテンダーであり、ワインセラーでもあります。彼は、楽しいお酒を提供することを、何よりも楽しみにしています。ピアノも好きで、よく演奏されています。彼はバーテンダーとしての夢を叶えるべく、自宅でこっそり練習しているそうです。彼は現在もワインのテイスティングに力を入れており、常に自分に足りないところをイメージされているそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る