記事の詳細

東理ホールディングスではウィッツ青山学園という学校を所有しています。ウィッツ青山学園は、意育というテーマを掲げて教育事業を行っています。これからの時代は個性や多様化の時代にますますなっていくと予想されています。そこで自分でいろいろな選択肢の中から選んで、決断できるような力を身に着けることに重視した教育を行っています。

これまでの学校教育は、ただ先生から与えられたことをこなすという要素が強かったです。しかしそうではなく、なぜそれをしないといけないのかということを追求する教育の実践を掲げ、教育プログラムを作っています。そこで先生と生徒は縦の関係ではなく、同じ場所・時間を共有する人間として、尊重し合う関係性の構築にまい進しています。このような新しい教育事業は注目されていて、成功すれば株価の上昇にも貢献するはずです。

東理ホールディングス
http://kabu-sokuhou.com/brand/item/code___5856/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る